ワインに合うおかずケーキ「ケークサレ」

こんにちは、池本です。

本日はお酒に合う美味しいレシピです。(特にワインに合います)

フランスの料理で、甘くないおかずケーキ「ケークサレ」。塩ケーキです。
オーブンは使いますが作り方はそんなに難しくないし、分量さえ守れば失敗も少ないおすすめ料理。

家族での食事や宅飲みのとき、サラッと出すと喜ばれますよ^^

ではケークサレ、行ってみましょう。

ケークサレの材料

私自身「オーブンなんかあんまり使わなし、めんどくさそうだし・・・」と思っていましたが、作ってみると意外と簡単で美味しいケークサレの材料です。
(ケークサレにもいろんなバージョンがあります。今回は一例です。)

4人前です。

  • にんにく2かけ
  • ブロッコリー1/2株
  • むきエビ約150g
  • 卵2個
  • 生クリーム100mg
  • シュレッドチーズ(チーズミックス)60g
  • 小麦粉100g
  • ベーキングパウダー3g
  • オリーブオイル70g

あと普段あまり使わないかもしれない「シリコンの容器」が必要です。
オーブンに入れられる型があればシリコンにこだわる必要はないです!

ケークサレの作り方

そこまで手間はかかりませんが、最終オーブン180度で40分かかるので、予めオーブンは予熱しておきましょう♪

1.ブロッコリーを塩ゆで

ブロッコリーを一口サイズに切って、塩を少々入れたお湯で2~3分くらい茹でましょう。

ケークサレのレシピ(ブロッコリー)

茹でたらお湯を切っておきます。

ケークサレのレシピ(茹でたブロッコリー)

2.オリーブオイルでにんにくを軽く炒める

ほんとかるーくで良いです。

ケークサレのレシピ(にんにくを軽く炒める)

3.エビとブロックコリーもいっしょに炒める

ケークサレのレシピ(エビを炒める)

先にエビを炒めて、それからブロッコリー。

ケークサレのレシピ(ブロッコリーも炒める)

お皿に出しておきます。

ケークサレのレシピ(炒めた後)

お皿に出してから思いましたが、別に出さなくてもいいです(笑)
フライパンに乗せたままでもOK。

4.生地を作ります

まず卵2個をボールに入れてときます。そのあと生クリームを100mgと塩を少し加えて混ぜる。
※ここからの分量はきちんと量って入れたほうが無難です!

次にチーズを60g入れて混ぜる。そしてオリーブオイル70gを少しずつ入れながら混ぜていきます。

混ざったら小麦粉100gとベーキングパウダー3gを入れて、混ぜます。

ケークサレのレシピ(生地完成)

・・・順番に入れて混ぜるだけ!簡単!

5.型に入れていきます

ケークサレのレシピ(型に入れていく1)

具材がたくさん入っている方が美味しいので、いっぱい詰め込みましょう!
具材を生地の入っているボールに入れて混ぜて一気に詰めてもいいですが、写真のように、生地→具材→生地→具材のように詰めていくと、バランスが良くなります^^

ケークサレのレシピ(型に入れていく2)

詰め込んだら空気を抜きたいので、型を持ってトントンと少し上から落としてください。

ケークサレのレシピ(型に入れていく3)

6.温まっているオーブン180度で40分

やけどしなように入れてくださいね。

ケークサレのレシピ(オーブン180度で40分)

完成(実食)

ケークサレ完成

きれいに焼き上がっていますね^^

焼き立て、美味しい!!シリコン容器をひっくり返すと簡単に外れます。

切った写真を撮り忘れました(笑)上の写真サイズなら1つを4つに切り分けて、合計8枚できます。1人2枚で4人分ですね。

オリーブオイルの良い香りとエビのプリプリ感、生地とブロッコリーで食べごたえもあって、お腹もはります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

池本 昭之

食生活アドバイザー、サプリメントアドバイザー、ワインエキスパートな人。お酒は何でも好きだが、自然派ワインでワインと健康に目覚める。 いつまでも美味しいお酒を飲める体づくり&体に優しい手作りのおつまみを研究している。