ザワークラウトの作り方(腸活のススメ)

ザワークラウトの作り方

健康に毎日おいしいお酒を飲みたいあなた!

健康の第一歩は腸の調子を整えることです。いわゆる「腸活」ってやつです。

腸には腸内細菌が100兆~1000兆も生息しており、善玉菌を優位にしていくと腸内環境が良くなります。

これに役立つのが発酵食品です。
そのなかでも今回ご紹介する「ザワークラウト」は

  • 簡単で
  • 美味しく

発酵させることができるので、超おすすめです。

もちろんお酒のおつまみにもめっちゃ合いますよ^^
個人的には酸味のある白ワインに合わせるとばっちりです。

パンにザワークラウトを載せてソーセージを挟めば、おいしいホットドックにも!

それでは超簡単なザワークラウトのレシピ、いってみましょう。

ザワークラウトのレシピ

所要時間は15分くらいです。
食べられるのは、3日後以降。3日だとまだ塩気が強く感じられるかも。

発酵が終わってから(大体1週間くらいかな)、冷蔵庫で保管すれば1ヵ月は楽にもちますよ。

まずは入れ物のビンを煮沸消毒しておく

今回はキャベツ1つ使います。
ビンの大きさは直径7cm×高さ13cmくらいを2つで丁度いいくらいの量です。

鍋に水を入れてビンを入れて沸騰状態で5分くらい。
終わったら乾かしておきましょう。熱いのでやけどしないようにしてくださいね。

キャベツを洗って、切る

ザワークラウトの作り方1

キャベツ1個使います。
一番外側も使ってもいいですが、硬いので私は外側1枚分は使わないですね。

外側を洗うのですが、浄水器やミネラルウォーターで洗ってください。
水道水でもいいのですが、塩素が発酵を止める可能性があるので自分は浄水器で洗っています。(ザワークラウトに限らずすべてそうしています)

この時点でキャベツの重さを量っておいてください。後でキャベツの重さの2%の塩を入れるので、この時点で量っておきます。

ザワークラウトの作り方2

こんな感じにザクザク切りました。

塩を入れて、混ぜる

ザワークラウトの作り方3

塩投入。

キャベツの重さは800gなら2%なので、塩16gです。
もちろんですが、塩化ナトリウムではなく、天然塩を使ってくださいね。

ザワークラウトの作り方4

手で混ぜます。
キャベツを握るような感じで、繊維をバキバキ折ながら混ぜていきます。2分くらいかな、しっかり混ぜ切ります。

ザワークラウトの作り方5

水分が出てきて、しんなりします。結構量(嵩)が減った感じ。

ビンに詰める

ザワークラウトの作り方6

棒で押し込みながらビンに詰めていきます。

結構しっかり押し込んでいってください!これでもかこれでもかっていうくらい。
するとどんどん水分が出てきて、ビンの上まで来た時には、キャベツが水分で埋め尽くされています。これが大事。

ザワークラウトの作り方7

ビン詰の時、キャベツと一緒にローリエ(月桂樹)をいれると香りが非常に良くなります!あればでOKです。

ザワークラウトの作り方8

ちょっとした注意点があります

腸に良いザワークラウト、作り方簡単ですよね?
自分で発酵させるという行為は最高です。癖になります。

で、ちょっとしたご注意点を。

キャベツについていた乳酸菌がビンの中でどんどん増えていきます。

乳酸菌が増えると二酸化炭素を出します。
・・・そう、ビンの中は炭酸がたくさん入っている状態です。

仕込んで3日目でふたを開けた様子をご覧ください。

ザワークラウトの作り方9

溢れます。

なので、少し少なめにビン詰めしておくことをお勧めします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

池本 昭之

食生活アドバイザー、サプリメントアドバイザー、ワインエキスパートな人。お酒は何でも好きだが、自然派ワインでワインと健康に目覚める。 いつまでも美味しいお酒を飲める体づくり&体に優しい手作りのおつまみを研究している。