美味しい自家製豚ハムの作り方!低温調理は面白い。

こんにちは。池本です。

今回もお酒に合うお料理やっていきましょう。
毎度毎度なんですが、この料理も特にワインに合います^^

でも今回は「低温調理」なので、低温調理ができる器具がないと非常に難しいです。逆に器具を持っていると、こんなに簡単に美味しい料理が放置で完成!とびっくりすること請け合いです。

低温調理ができる器具とは、おおざっぱですけどお湯を50度~70度くらいで、狙った温度をずっとキープしてくれる器具のことです。

普通の鍋に器具を入れてキープするものもあれば、IHの機能としてキープしてくれるものもあります。(私は後者を使っています)

低温調理ができる器具を持っていない場合は、温度計で測りながらガスの強さを調整したり水をいれて温度を下げたりしないといけませんので、非常に手間がかかります・・・

ここで低温調理の話を始めてしまうと、レシピまでたどり着かないので、もうレシピにいっちゃいます!お肉料理が好きな方は、低温調理ほんとにオススメです。

豚ハムの材料

豚ハムはサラダと一緒に食べるとさらに美味しいです。今回のレシピはサラダは入っておらず、豚ハムとソースだけです。4人前。

  • 豚モモブロック400g
  • 2%の塩(8g)
  • 1%の砂糖(5g)
  • オリーブオイル大2(多少多くてもOK)
  • タイム4振りくらい(今回はパウダーを使用)
  • にんにくスライス2かけ
  • ローリエ2枚(なくてもOK)

【簡単なソースも作ってみましょう】

  • 玉ねぎ1/2個
  • ワインビネガー(白)
  • 豚ハムから出たエキス

豚ハム単体でも十分美味しいですが、この「ついでに作るソース」がまた美味しいんです。

豚ハムの作り方

1.豚肉に塩と砂糖をまぶします

全面に均等になるようにまぶしてください。

2.豚肉をジップロックに入れて、その他の材料を入れます

まず塩と砂糖を豚肉をジップロックに入れて、

  • スライスしたにんにく
  • ローリエ2枚
  • オリーブオイル大さじ2くらい
  • タイム4振りくらい

を入れて、ある程度均等に行き渡るように軽く揉んでから空気を抜きます。

3.冷蔵庫で1日寝かします

こんな感じでくるんで、冷蔵庫へ!

空気を抜くと、オリーブオイルやジップロックの中の材料が豚肉の周りにきっちりくっついて、味が染み込んでくれます。

4.60度で2時間、低温調理します

これは65度で90分でもOKですが、個人的には60度2時間が美味しいかな。これは好みの問題です。

写真はないですが、60度まで上がったお湯に、その温度をキープして2時間茹でてください!

5.豚ハムから出たエキスをつかってソース作り

玉ねぎ1/2個をみじん切りにして、少し高さのある器に入れます。

2時間茹でた豚肉のジップロックを開けると、オリーブオイルと肉汁が混ざりあった最高のソースの元が出来ています。それをみじん切りにした玉ねぎにかけます。
このソースの元は量が多いときもあるので、適当ですが、大さじ3くらいあれば十分かな。

最後にワインビネガー(白)を大さじ3くらいかけて、混ぜたら完成。

豚ハム完成(実食)

この完成写真ですが、実は別日に撮影したものです。

作る工程は「豚モモ」ですが、完成写真は「豚ヒレ」です(笑)
飲むのに必死で撮影を忘れていて、後日もう一回作ったのですが、その時に豚モモがなく、豚ヒレで作りました・・・

豚ヒレでも全く同じ工程で作りましたが、本当においしいです。
いやむしろ豚ヒレのほうが美味しいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

池本 昭之

食生活アドバイザー、サプリメントアドバイザー、ワインエキスパートな人。お酒は何でも好きだが、自然派ワインでワインと健康に目覚める。 いつまでも美味しいお酒を飲める体づくり&体に優しい手作りのおつまみを研究している。